小さな巨人 HD-AK2 無塩タイプのアルカリ水(アルカリ電解水)生成器

ファースト・オーシャン株式会社の強電解水生成装置及び生成強電解水の特長

1.純度の高い強電解水が得られる。その結果用途も広がる。

2.強電解酸性水では次の化学反応式から明らかなように生成水中の塩化物イオンの濃度が低いため平衡が右に偏るため塩素の濃度が低く次亜塩素酸の割合が高くなる。
その結果有害な塩素濃度が低いため環境に優しく臭気も弱く作業環境に適する。
Cl2 + H2O = HClO + HCl

3.水を電気分解すると水が活性化されるため、pH12の強電解アルカリ水では、同じpH12の水酸化ナトリウム水と比べ、極めて安全である。(*安全を保障するものではありません。)

なぜ無塩タイプで純度の高い強電解水を生成できるのか?

水を電気分解するには電流が通れる必要がある。特に強電解するには不可欠であり通常使用されている2室型電解槽で強電解水を造るには原水に約1,000ppmの食塩等を添加して電解している。

その結果生成水である陽極水および陰極水中にそのまま高濃度の食塩等が含まれてくる。

これに対しファースト・オーシャン株式会社製の強電解水製造装置は特殊な中間室を持つ3室型電解槽からなる。
実際の電解に当たっては通常中間室に食塩等を入れて電気分解する。
3室型電解装置では原水に食塩等を添加しないで電解できるため純度の高い強電解水が得られる。

コンテンツ

  • 製品紹介

    コンパクトなのに高機能!
    アルカリ水生成器「HD-AK2」のご紹介。

    製品紹介

  • 電解水の特徴

    電解水にはどのような特徴があるのかご説明します。

    電解水の特徴

  • アルカリ水の機能

    アルカリ水の持つ機能についてご説明します。

    アルカリ水の機能